close

個人のお客さま

法人のお客さま

投資信託お取引のはじめ方

投信取引口座の開設にあたって必要な手続きをご案内します。

投信取引口座開設の流れ

投資信託のご購入にあたっては、碧海信用金庫の店舗にて普通預金口座の開設後、投信取引口座を開設する必要があります。碧海信用金庫では、投信取引口座の開設および管理などに関する費用はかかりません。なお、スマイルネット支店では来店不要で、投信取引口座の開設ができます。

碧海信用金庫に普通預金口座をお持ちですか?

お近くの店舗または
スマイルネット支店で
普通預金口座の開設を
おねがいいたします。

口座開設はこちら

碧海信用金庫に投信取引口座をお持ちですか?

お近くの店舗または
スマイルネット支店で
投信取引口座の開設を
おねがいいたします。

投信取引口座の開設はこちら

投資信託のお取引スタート!

口座開設に必要なもの
※預金口座が必要です。

  • イメージ

    ご登録していただく印鑑

  • イメージ

    ご本人であることが
    確認できる資料

    運転免許証など

  • イメージ

    ご本人さまの
    マイナンバーを
    確認できる資料

口座開設時に、ご署名、ご捺印いただき、お客さま確認資料をご提出ください。

スマイルネット支店のお客さまはこちら

特定口座

特定口座とは、当金庫がお客さまに代わって投資信託の譲渡損益などを計算し、お客さまの納税手続きの負担を軽減するためのしくみです。

特定口座と一般口座の違い

イメージ

損益通算の仕組み

国内公募株式投資信託や上場株式、債券などの譲渡損益、上場株式などの配当や株式投資信託の普通分配金間での通算が可能となります。

イメージ

上記の場合、配当などについて源泉徴収された税金4万円を還付します。還付金は、翌年3営業日目にお客さまのご指定いただいた口座に入金されます。

繰越控除

損益通算後の譲渡損失は、確定申告を行うことで、翌年以後3年間の繰越控除が可能です。ただし、毎年損失を繰り越すための確定申告が必要です。
※配偶者控除や扶養控除などの適用有無の判定の基礎となる「合計所得金額」は繰越控除適用前の金額で計算します。
したがって場合によっては配偶者控除・扶養控除などの適用要件や国民健康保険料などの金額に影響が及ぶ点に注意が必要です。

イメージ

※譲渡所得、配当所得がなかった年にも欠かさずに確定申告書を提出する必要があります。

特定口座に関する留意事項

マネーコラム 
おしえてめりっとくん

ご相談・お問い合わせ

  • お取引店またはお近くの店舗でのご相談

    お取引店または
    お近くの店舗でのご相談

    WEBで来店予約ができます。
     

    店舗を探す

  • プラザでのご相談

    プラザでのご相談

    平日夕方、土日のご相談ができます。
    ※事前にご予約ください。

    詳しく見る

  • 電話でのお問い合わせ

    電話でのお問い合わせ

    音声自動案内フリーダイヤル

    0120-552-773

    【受付時間】平日9:00~17:00
    (12月31日~1月3日を除く)

投資信託
トップ

スマイルネット支店で
投信取引口座開設

来店予約