close

個人のお客さま

法人のお客さま

イメージ

投資信託

ファンドをさがす

投資対象からさがす

考え方からさがす

投資の考え方(投資目的) 投資対象
※各投資商品の詳細は、時事通信社ホームページへ遷移します。
お客さまのニーズ リスク許容度
元本割れは避けたい 定期預金等、個人向け国債
(投資信託での運用は向いていません)
リスクは小さく
安定性を重視したい
安定性重視
リスク※相応の元本割れのリスクも許容

イメージ国内債券

リスクがあっても収益性や
値上がり益を重視したい
収益性重視
リスク※相応の元本割れのリスクも許容

イメージ海外債券

イメージ内外債券

イメージバランス型

リスクが大きくても
値上がり益を重視したい
積極性重視
リスク※相応の元本割れのリスクも許容

イメージ国内株式

イメージ海外株式

イメージ内外株式

イメージ国内不動産

イメージ海外不動産

イメージ内外不動産

  • 上記の分類は、当金庫が分類したものであり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
  • リスクの大小は一般的な傾向であり、実際に投資した場合と異なる場合があります。

〈運用のポイント1〉コア・サテライト運用

運用資産を、「守りの資産(コア)」「攻めの資産(サテライト)」 に分け、 バランスよく組み合わせながら、 資産全体の運用効率を引き上げることを目指す投資手法です。

イメージ

コア・サテライト運用のポイント

  • イメージPOINT 1

    分散投資

    1つの資産に投資した場合、リターンにはばらつきが出てきます。異なった資産を上手に 組み合わせることにより、リスクの軽減と、安定的なリターンの追求が可能です。

  • イメージPOINT 2

    資産配分の見直し
    (アロケーション)

    市場は常に変動します。どんな相場にも対応できるように、株式・債券・REITなどに分散投資をし、なおかつ市場環境に変化がある場合に資産配分の変更を行います。

コアとサテライトにはそれぞれの役割があります

コアとサテライトには、図のようにそれぞれの役割があり、コアになるファンドの多くは分散投資をすることで、市場動向に合わせて資産配分の見直しを行い、中長期的に安定した値動きをめざすものです。これによって、相場が変動しても大きな打撃を受けにくい投資をすることが可能になります。

イメージ

〈運用のポイント2〉見直し(リバランス)

購入した商品の評価額が変動することによって、崩れてしまったポートフォリオのバランスをもとに戻すことを「リバランス」といいます。
市場は常に変動していくので、時間の経過とともに資産配分の比率は当初から徐々にずれていきます。もし、ずれてしまった資産配分をそのままにしておくと、いつの間にか想定以上の大きなリスクをとってしまっていたり、期待できるリターンが小さくなってしまっている可能性があります。自分の目的に合った運用を行うために、定期的に資産配分をメンテナンスすることが大切です。

イメージ

〈リバランス方法1〉A(外国株式)の一部を解約その解約資金でB(国内債券・国内株式・外国債券)
を追加購入することで資産配分をもとに戻す

割合の増えた投資信託を売却し、割合の減った投資信託を購入して資産配分のバランスを戻す方法です。

イメージ

※実際には、投資信託の売却益に税金がかかります。また、売却時の信託財産留保額や購入時の買付手数料などのコストがかかる場合があります。

〈リバランス方法2〉お持ちの資金でB(国内債券・国内株式・外国債券)を買い足して資産配分をもとに戻す

割合の増えた投資信託を売却せず、新たな資金を投入して割合の減った投資信託を購入して戻す方法です。
この方法では、売却時の税金や信託財産留保額がかかりません。

イメージ

見直すタイミング

  • 「例:毎年1回」「例:年末に行う」等一定の期間ごとに行う
  • ポートフォリオが最初の状態から1割ずれたら等価格が大きく変動するごとに行う

もっと短い間隔でこまめに行った方が良いと思われるかもしれませんが、相場の読みだけで何回もリバランスを行うと、まだ上がり続ける資産を早めに売ってしまったり、下がり続ける資産を買い増してしまったりして、中長期的な運用成果を伸ばすことが難しくなるだけでなく、頻繁に売買する分コストも増えるので、結果的に運用効率が低下してしまう可能性があります。したがって、資産の比率を機械的に戻すことと同じように、リバランスを行うタイミングも機械的に決めてしまうことが重要です。

よくあるご質問

もっと見る

マネーコラム 
おしえてめりっとくん

ご相談・お問い合わせ

  • お取引店またはお近くの店舗でのご相談

    お取引店または
    お近くの店舗でのご相談

    WEBで来店予約ができます。
     

    店舗を探す

  • プラザでのご相談

    プラザでのご相談

    平日夕方、土日のご相談ができます。
    ※事前にご予約ください。

    詳しく見る

  • 電話でのお問い合わせ

    電話でのお問い合わせ

    音声自動案内フリーダイヤル

    0120-552-773

    【受付時間】平日9:00~17:00
    (12月31日~1月3日を除く)

ログイン

来店予約