close

個人のお客さま

法人のお客さま

電子証明書方式について

インターネットバンキングにおけるネット犯罪へのセキュリティ対策について

法人・個人事業者向けインターネットバンキングのセキュリティ強化のため、ログイン方式に「電子証明書方式」を採用しております。
「ID・パスワード方式」は、利用できるパソコンを限定しませんが、 「電子証明書方式」は、電子証明書を取得(保存)したパソコン以外からはインターネットバンキングサービスを利用できませんので、「ID・パスワード方式」以上にセキュリティを強化できます。

1. 電子証明書方式におけるご利用開始までの流れ

ステップ1 事前確認

へきしんビジネスインターネットバンキングのホームページ(よくあるご質問「ご利用環境について」等)で、ご利用可能なパソコンであるかを確認します。

ステップ2 管理者操作(開通確認)

「開通確認」により、新しい暗証番号やEメールアドレスなどを設定します。

ステップ3 管理者操作(電子証明書取得)

「電子証明書取得」により、管理者の電子証明書を取得します。

ステップ4 管理者操作(ログイン)

新しい暗証番号で「ログイン」し、利用者の登録と利用者への電子証明書の発行を行います。

※ 管理者の操作が終了しましたらログオフを行い、一旦、ブラウザを閉じます。再度ブラウザを開いて、次の利用者操作を行います。

ステップ5 利用者操作(電子証明書取得)

「電子証明書取得」により、利用者の電子証明書を取得します。

ステップ6 利用者操作(ログイン)

「ログイン」により、新しい暗証番号やEメールアドレスなどを設定します。

※ これでご利用開始までの操作が終了し、各種お取引ができるようになります。

※ 電子証明書の有効期限は取得後1年間です。管理者・利用者ともに1年毎に「証明書更新」を行う必要があります。

2. 電子証明書に関するよくあるご質問

電子証明書に関するご質問はこちら

エラー等に関するご質問はこちら

以上