個人向け国債

個人向け国債は、個人の方を対象として、日本国政府が発行する債券です。

取り扱い商品

へきしんが取り扱っている個人向け国債の期間は3年・5年・10年とあり、半年毎に利子が支払われるとともに、満期(償還期限)には元本(額面金額)が戻ってきます。

詳しくは、財務省の個人向け国債サイトをご覧ください。
財務省の個人向け国債サイト

個人向け国債の魅力

少額から手軽に投資

額面金額1万円から1万円単位で、
個人の方ならどなたでもご購入いただけます。

お客さまにご負担
いただく諸費用

ご購入に際しては、購入対価のみお支払いいただき、手数料はかかりません。

個人向け国債の税金
  • 利払い時には、利子に対して20%(国税15%、地方税5%)の税金が源泉徴収されます。
    ※東日本大震災からの復興財源を確保するため、平成25年から平成49年まで(25年間)の各年分の所得税の額に2.1%を乗じた金額が、復興特別所得税として、追加的に課税されるため、税率は20.315%(所得税及び復興特別所得税15.315%、住民税5%)となります。
  • 「障害者等の非課税貯蓄制度」(いわゆるマル優、特別マル優制度)の適用を受けることができる場合は、非課税となります。
    ※税制改正により変更になることがあります。
    ※詳しくは税務署等へお問い合わせください。
取引残高報告書
  • 個人向け国債は券面が発行されないペーパーレスですので、国債証券は発行されません。
    当金庫がお客さまの債券の口座に記録することにより管理します。
  • お客さまの債券のお預かり残高、お取引の状況は、取引残高報告書にて、定期的にお知らせします。
    取引残高報告書は、少なくとも年1回以上、郵送でお届けします。
中途換金について
  • 個人向け国債は原則、発行から1年間は中途換金できません。また、中途換金に際し、換金金額は「額面金額+経過利子相当額-中途換金調整額」となり、中途換金調整額を支払う必要があります。なお、中途換金は額面金額1万円単位で行うことができます。
    ※平成25年1月10日(木)より中途換金調整額は下記のとおり変更されています(既発債も含む)

通常の中途換金の場合(第2期利子支払日以降)

変更前変更後
直前二回分の各利子(税引前)
相当額×0.8
直前二回分の各利子(税引前)
相当額×0.79685

特例による中途換金の場合(第2期利子支払日前まで)a.初回の利子支払日前に換金する場合

変更前変更後
経過利子相当額 経過利子相当額

b.初回の利子支払日から第2期利子支払日前までの間に換金する場合

変更前変更後
初回の利子(税引前)相当額
×0.8+経過利子相当額
初回の利子(税引前)相当額
×0.79685+経過利子相当額

(注)購入時に初回の利子の調整額の払い込みがある場合は、上記の中途換金調整額から初回の利子の調整額(税引前)相当額が差引かれます。

  • 実際に換金代金が支払われるまでに日数を要します。
  • 詳しくは財務省のホームページをご覧いただくか、当金庫の窓口またはへきしんフリーダイヤルまでお問い合わせください。
ご購入の際の
注意事項
  • 個人向け国債は預金ではありません。
  • 個人向け国債は預金保険制度の保護の対象ではありません。
  • 個人向け国債のお取引はクーリング・オフ(書面による解除)の対象にはなりません。
  • 個人向け国債のお取引の有無が、当金庫における他のお取引に影響を与えることはありません。
  • 個人向け国債のご購入にあたっては、あらかじめ契約締結前交付書面を必ずご覧ください。
    契約締結前交付書面は当金庫の個人向け国債取扱店窓口等にご用意しています。

詳しくは、当金庫の窓口、またはへきしんフリーダイヤルにお問い合わせください。

窓口にてお問い合わせの方

店舗・ATM検索

お電話にてお問い合わせの方

へきしんフリーダイヤル