1. HOME
  2. ためる
  3. 定期性預金
  4. 定額複利預金

定額複利預金

平成27年4月1日現在

お預け入れ後、半年で自由に引き出しができます。
長くお預けいただくほど半年複利で有利に運用いただけます。

商品名 定額複利預金
販売対象 個人の方
期間 最長5年(据置期間6カ月)
自動継続(元金継続、元利金継続)のみ取り扱いができます。
預け入れ
預入方法 一括預入
預入金額 1,000円以上1,000万円未満
(自動継続の利息元加による限度オーバーは可能です。)
預入単位 1円単位
払戻方法 据置期間経過後、随時お支払いいたします。
1万円以上1円単位で一部支払いもできます。
利息
適用利率 固定金利かつ段階金利(預け入れ時の店頭表示の利率を満期日まで適用いたします。)
金額別(300万円未満と300万円以上)および預入期間別(6カ月、1年、2年、3年、4年、5年)に金利設定いたします。
利払方法 満期日以後に元金とともにお支払いいたします。
ただし、一部支払いの場合は、一部支払金額に対する利息をお支払いいたします。
計算方法 付利単位を1円とした1年を365日とする日割計算で半年ごとの複利計算。
税金

お受け取り利息には、20%(国税15%、地方税5%)の税金がかかります。

  • 平成25年1月1日から平成49年12月31日までの間にお受け取りになる利息には「復興特別所得税」が課税されますので、20.315%(国税15.315%、地方税5%)の税金がかかります。
    (ただし、マル優ご利用の場合は除きます。)
手数料 -
付加できる
特約事項
  • 総合口座の担保とすることができます。
    (貸越利率は、担保定期預金の店頭に表示されている最長預入期限まで預け入れした場合の約定利率に0.5%を上乗せした利率)
  • マル優をご利用いただけます。
期限前解約時
の取り扱い

据置期間前に解約する場合は、預入日から解約日の前日までの日数および解約日における普通預金利率によって計算した中途解約利息とともにお支払いいたします。

金利情報の
入手方法
預金金利のご案内
(詳細は、店頭備え付けの金利ボードまたは、窓口へご照会ください。)
苦情処理措置・
紛争解決措置

苦情処理措置

本商品の苦情等は、当金庫営業日に、営業店またはお客様相談グループ(9時~17時、電話フリーダイヤル:0120-834-587)にお申し出ください。

紛争解決措置

愛知県弁護士会(電話:052-203-1777、西三河支部 0564-54-9449)、東京弁護士会(電話:03-3581-0031)、第一東京弁護士会(電話:03-3595-8588)、第二東京弁護士会(電話:03-3581-2249)の紛争解決センター等で紛争の解決を図ることも可能ですので、利用を希望されるお客さまは、当金庫営業日に、上記お客様相談グループまたは全国しんきん相談所(9時~17時、電話:03-3517-5825)にお申し出ください。また、お客さまから各弁護士会に直接お申し出いただくことも可能です。
なお、上記東京の弁護士会の場合は、お客さまのアクセスに便利な東京以外の弁護士会において調停を行うこともでき、例えば、テレビ会議システム等を用いて東京の弁護士会と共同で行う方法(現地調停)や、東京以外の弁護士会に案件を移す方法(移管調停)があります。詳しくは、上記東京の弁護士会、お客様相談グループもしくは全国しんきん相談所にお問い合わせください。

そのほか
参考となる事項
  • 一部支払いにより預入金額が300万円未満となった場合は、その時点から預入日における300万円未満の金利を適用いたします。
  • 預金保険制度の付保対象預金です。
    預金保険によって元本1,000万円までとその利息が保護の対象となります。
    (当金庫に複数の口座がある場合には、それらの預金元本を合計して1,000万円までとその利息が保護されます。)

詳しくは、当金庫の窓口、またはへきしんフリーダイヤルにお問い合わせください。

窓口にてお問い合わせの方

店舗・ATM検索

お電話にてお問い合わせの方

へきしんフリーダイヤル